行政書士試験対策講座|内定者フォロー・研修には内定者SNSパック

内定者パック

お電話でのお問い合わせ 受付時間:9:00~18:00(平日)

東京:03-6400-0507 大阪:06-6190-6276 FAX:03-6400-0506

行政書士試験対策講座

実務と法務のスペシャリスト!判例や図解などを用いてわかりやすく噛み砕いた解説が魅力です。

実務と法務のスペシャリストとして、数千~数万の業務範囲を持ち、独立開業、転職・就職にも強い行政書士資格。本講座では、資格試験に必要な憲法・商法・民法・行政法・基礎法学・一般知識という6分野を全て網羅したカリキュラムを学習します。

行政書士試験対策講座の見どころ!

行政書士試験では、法律をまる覚えするのではなく、法律の考え方、細かいニュアンスをきちんと理解しているかが重要になってきます。
本講座では、法律を学習する際にこれまで実際に起きた判例を紹介することで、考え方、とらえ方をしっかりと学習することができます。

講座の特徴

1. これまで実際に起きた判例を紹介することで、考え方、とらえ方をしっかりと学習することができ、自然と力が身についている仕掛けになっています。
2. 「合格に必要な60%の分量を必ず解ける実力をつける」ことをモットーにカリキュラムを制作しています。
3. 1項10分で手軽に学べるから継続して学習できます。

お問い合わせ    体験サンプルを見る

対象者 総務・法務部門などへの転職・キャリアアップを目指す方
独立して(在宅で)働きたい方
日常で役立つ法知識を学びたい方
学習目標 行政書士試験の合格
ダウンロード
テキスト
あり
動作環境 ※こちらの動作チェッカーが最新になっております。
レッスン数 全27章 標準学習時間 約90時間
配信期間 6か月 税抜価格 eラーニングプランの受け放題対象講座
講師の略歴
小栗利治
1級ファイナンシャル・プランニング技能士。行政書士すばる法務事務所の代表として法務コンサルタント等を行う傍ら、講師業として各専門学校やビジネススクール、大学などで教鞭も取る。実務に即した「生きた知識」を伝える講師として定評がある。

カリキュラム

1.一般知識

節タイトル レッスンタイトル
第1章 情報通信・個人情報保護
序 情報通信・個人情報保護ガイダンス 1 情報通信・個人情報保護とは
1 個人情報保護法とは 1 制定経緯と全体構造
2 定義
3 個人情報取扱事業者に課せられる義務(1)
4 個人情報取扱事業者に課せられる義務(2)
5 個人情報取扱事業者に課せられる義務(3)
6 適用除外・主務大臣の関与・罰則について
2 情報通信に関する法律 1 行政手続オンライン化法
2 公的個人認証法
3 不正アクセス禁止法
4 プロバイダ責任制限法
5 電子署名法
第2章 政治・経済・社会
序 政治・経済・社会ガイダンス 1 労働安全衛生法を学ぶ前に
1 政治 1 選挙
2 衆議院議員選挙・参議院議員選挙
3 選挙に関する制度
4 政治資金規正法
2 経済 1 選挙
2 独占禁止法
3 金融/td>
4 国家財政
5 地方財政
3 社会 1 環境
2 介護保護
第3章 出陣前に
序 勝って兜の緒を締めよ 1 勝って兜の緒を締めよ

2.基礎法学

節タイトル レッスンタイトル
第1章 基礎法学
1 基礎法学 1 法とは
総則 1 法の解釈
2 その他

3.憲法

節タイトル レッスンタイトル
序章 憲法ガイダンス
序 憲法を始める前に 1 憲法を始める前に
1 学習内容 1 人権保障と統治機構
2 前文、最高法規、憲法尊重擁護義務
第1章 人権保障
序 人権保障ガイダンス 1 行政手続オンライン化法
2 公的個人認証法
3 不正アクセス禁止法
4 プロバイダ責任制限法
5 電子署名法
第2章 政治・経済・社会
序 政治・経済・社会ガイダンス 1 労働安全衛生法を学ぶ前に
1 政治 1 選挙
2 衆議院議員選挙・参議院議員選挙
3 選挙に関する制度
4 政治資金規正法
2 経済 1 選挙
2 独占禁止法
3 金融
4 国家財政
5 地方財政
3 社会 1 環境
2 介護保護
第3章 出陣前に
序 勝って兜の緒を締めよ 1 勝って兜の緒を締めよ

4.行政法

節タイトル レッスンタイトル
序章 行政法ガイダンス
序 行政法ガイダンス 1 行政法を学ぶ前に
第1章 行政組織法
1 行政主体と行政機関 1 行政主体と行政機関
2 機関相互の関係 1 権限の委任と権限の代理
3 公物 1 公物の分類と取得時効
第2章 行政作用法
1 行政行為の分類 1 行政行為の分類(1)
2 行政行為の分類(2)
2 行政行為の効力と瑕疵 1 行政行為の効力
2 瑕疵ある行政行為
3 行政行為の取消しと撤回
4 行政行為の附款
3 行政上の強制措置 1 行政上の強制措置(1)
2 行政上の強制措置(2)
4 その他の行政作用 1 その他の行政作用
第3章 行政手続法
1 総則 1 目的・適用除外
2 申請に対する処分 1 定義・手続きの流れ
3 不利益処分 1 定義・手続きの流れ
2 聴聞(1)
3 聴聞(2)
4 弁明の機会の付与
4 行政指導・届出 その他 1 行政指導
2 届出
3 命令等
第4章 行政不服審査法
1 行政不服審査法ガイダンス 1 行政不服審査法ガイダンス
第5章 行政事件訴訟法
序 行政事件訴訟法ガイダンス 1 行政事件訴訟法とは
1 抗告訴訟(1) 1 取消訴訟
2 訴訟要件(1)(処分性)
3 訴訟要件(2)(訴えの利益)
4 訴訟要件(3)(被告適格・裁判管轄・出訴期間)
5 本案審理
6 仮の権利保護手続き
7 判決
2 抗告訴訟(2) 1 無効等確認の訴え・不作為の違法確認の訴え
2 義務付けの訴え・差止めの訴え
3 当事者訴訟・民衆訴訟・機関訴訟 1 当事者訴訟
2 民衆訴訟・機関訴訟
4 教示 1 意義
第6章 国家賠償法・損失補償制度
序 ガイダンス 1 国家賠償法・損失補償制度を学ぶ前に
1 国家賠償法 1 国家賠償法とは
2 国家賠償法1条(公務員による公権力の行使に基づく損害の賠償責任)
3 国家賠償法2条(公の営造物の設置又は管理に瑕疵に基づく責任)
4 国家賠償法3条・4条・5条・6条(賠償責任者、求償権 その他)
2 損失補償制度 1 意義・特色・法的根拠
2 補償の要件・内容・方法・時期
第7章 地方自治法
序 地方自治法ガイダンス 1 地方自治法とは
1 地方公共団体とは 1 国家賠償法とは
2 地方自治の意義・地方公共団体の種類
3 普通地方公共団体・特別地方公共団体
4 地縁による団体
2 住民とその権利 1 住民・選挙制度
2 直接請求
3 住民監査請求と住民訴訟
4 公の施設
3 地方公共団体の事務 1 事務の種類と地方行政の基本原則
4 自治立法 1 条例制定権とその限界
2 規則制定権
5 地方公共団体の機関(議会) 1 地方行政の基本原理
2 議会の組織(1)
3 議会の組織(2)
6 地方公共団体の機関(執行機関) 1 普通地方公共団体の長
2 補助機関・行政委員会
3 監査委員
4 外部監査制度
7 長と議会の関係 1 拒否権
2 不信任議決・議会解散権
3 長の専決処分
8 地方公共団体に関する国・都道府県の関与 1 関与の意義、原則、形態
2 紛争処理
第8章 出陣前に
1 勝って兜の緒を締めよ 1 勝って兜の緒を締めよ

5.商法

節タイトル レッスンタイトル
第1章 商法総則・商行為
序 商法総則・商行為ガイダンス 1 商法総則・商行為とは
1 商行為と商人 1 商行為の種類
2 商人(4条)
2 商号 1 商号とは
2 商号の選定
3 商号の譲渡
4 名板貸人の責任(14条、会社法9条)
3 商業登記 1 商業登記のもつ意義
2 効力
4 営業譲渡 1 収益と利益
2 効力
5 商業使用人と代理商 1 商業使用人
2 代理商
6 商行為の特徴 1 商法と民法の相違
2 その他の特徴
第2章 会社法総論
序 会社法総論ガイダンス 1 会社法総論とは
1 会社の性質 1 性質
2 会社の種類 1 株式会社
2 持分会社
3 持分会社の特徴
第3章 株式会社
1 株式会社の特徴 1 株式
2 資本金
3 株主の権利
4 株主平等の原則
2 設立 1 設立の種類
2 定款
3 出資の履行
3 株式 1 株式の種類
2 株券
3 株主名簿
4 株式譲渡 1 譲渡の効力
2 譲渡の制限
3 併合・分割、消却、無償割当て
第4章 機関
1 株主総会(1) 1 意義、権限
2 招集
3 株主提案権
2 株主総会(2) 1 議決権
2 決議の方法
3 決議の瑕疵 1 決議取消しの訴え(831条)
2 決議無効確認の訴え・決議不存在確認の訴え
4 取締役 1 取締役とは
2 権限
3 代表取締役
4 会社との関係
5 取締役会 1 取締役会
6 監査役 1 資格・選任・終任
2 権限・義務
3 監査役会
7 委員会設置会社 1 概要
2 取締役・取締役会
3 委員会
4 執行役・代表執行役
8 役員等の責任 1 会社に対する責任
2 責任追及
9 剰余金の配当 1 要件
2 違法な配当
第5章 出陣前に
1 勝って兜の緒を締めよ 1 勝って兜の緒を締めよ

6.民法

節タイトル レッスンタイトル
序章 民法
序 民法を始める前に 1 民法を始める前に
第1章 民法総則
序 民法総則ガイダンス 1 民法総則とは
1 私権と権利の主体 1 権利能力
2 意思能力
3 行為能力
2 制限行為能力者 1 制限行為能力者制度
2 未成年者
3 成年被後見人
4 被保佐人
5 被補助人
6 制限行為能力者の相手方の保護(20条)
7 詐術(さじゅつ)による取消権の否定(21条)
8 私権の制約
3 意思表示 1 意思表示とは
4 意思の不存在 1 心裡留保(しんりりゅうほ)(93条)
2 虚偽表示(きょぎひょうじ)(94条)
3 錯誤(95条)
5 瑕疵ある意思表示 1 詐欺(96条)
2 強迫(96条1項)
6 代理 1 代理とは
2 代理権
3 代理権の消滅
7 無権代理・表見代理 1 無権代理(113条)
2 表見代理
8 条件・期限 1 条件
2 期限
9 時効 1 時効とは
2 取得時効(162条)
3 消滅時効(167条)
4 時効の中断(147条)
5 時効完成の効果
6 時効利益の放棄(146条)
第2章 物権
序 物権ガイダンス 1 物権とは
2 物権の効力
1 物権変動 1 総論
2 不動産の物権変動 1 不動産登記
2 対抗要件の必要性
3 177条の「第三者」
4 背信的悪意者からの転得者
3 不動産物権変動の擬似的対抗問題 1 取消しと登記
2 解除と登記
3 時効取得と登記
4 相続と登記
4 動産の物権変動 1 対抗要件
2 即時取得(192条)
5 占有権 1 成立要件
2 占有権の効力
6 所有権 1 土地の通行権
2 共有
7 担保物権 1 担保物権とは
2 留置権
3 先取特権
4 質権
8 抵当権 1 抵当権とは
2 抵当権の効力
3 物上代位
4 用益権との関係
5 第三取得者との関係
6 抵当権と時効
7 根抵当権
第3章 債権総論
序 債権総論ガイダンス 1 債権総論とは
1 債権とは何か 1 特定物債権と種類(不特定物)債権
2 種類(不特定物)債権の目的物の特定
3 選択債権
2 債務不履行 1 債務不履行とは
2 債務不履行による損害賠償請求
3 金銭債務の特則
4 解除権の発生
5 解強制履行
3 債権者代位権 1 債権者代位権とは
2 要件
3 債権者代位権の転用
4 行使・効果
4 詐害行為取消権 1 詐害行為取消権とは
2 要件
3 行使
4 効果
5 債権の消滅(1)弁済 1 弁済とは
2 条件
3 第三者弁済
4 弁済の提供(493条)
5 弁済受領者
6 受領遅滞
6 債権の消滅(2)相殺 1 相殺とは
2 要件
3 相殺禁止
7 連帯債務 1 意義
2 効果
8 保証債務 1 意義・特徴
2 保証人の抗弁権
3 効力
4 連帯保証
9 債権譲渡 1 債権譲渡とは
2 債権譲渡の対抗要件
3 債務者の抗弁事由
第4章 債権各論
序 債権各論ガイダンス 1 債権各論とは
1 契約総論 1 契約の種類
2 契約の成立
3 同時履行の抗弁権
4 危険負担
5 解除
2 売買契約 1 意義(555条)
2 売主の義務
3 担保責任
4 手付
3 賃貸借 1 意義(601条)
2 賃貸人の義務
3 賃借人の義務
4 敷金
5 賃貸人、賃借人の変更
6 契約の終了
4 請負契約 1 意義(623条)
2 請負人・注文者の義務
3 担保責任
4 注文者の解除権・完成品の所有権
5 委任契約 1 意義(643条)
2 受任者の義務
3 委任者の義務
4 委任契約の終了
6 その他の契約 1 贈与契約(549条)
2 消費貸借契約(587条)
3 寄託(きたく)契約(657条)
7 不法行為 1 不法行為(709条)とは
2 一般不法行為の成立要件
3 効果
4 過失相殺
5 消滅時効
8 特殊不法行為 1 監督義務者責任(714条)
2 使用者責任(715条)
3 工作物責任(717条)
4 共同不法行為(719条)
9 事務管理・不当利得 1 事務管理(697条)
2 不当利得(703条)
第5章 家族法
1 親族法(1) 1 親族
2 夫婦関係
2 親族法(2) 1 親子
2 養子
3 親権
4 扶養
3 相続(1) 1 相続とは
2 相続人の順位と相続分
3 代襲相続
4 欠格・廃除
4 相続(2) 1 相続の承認と放棄
2 遺言
3 遺贈
4 遺産分割協議
5 遺留分
第6章 出陣前に
1 勝って兜の緒を締めよ 1 勝って兜の緒を締めよ
引用元:eラーニングのプロシーズ

お問い合わせ