PowerPoint2010対応 スゴイ企画書作成講座

PowerPoint2010対応 スゴイ企画書作成講座

PowerPoint2010には効果的な企画書に活用できる機能が豊富に用意されています。
この講座では、お手本となる企画書を一から作成する過程を通して、PowerPoint2010の機能を知りながら、企画書作成の基本的な流れや考え方、注意点も学ぶことができます。

学習目標 ・企画書作成の基本的な流れや考え方、注意点を理解できる
・企画書作成時にPowerPoint2010の機能を有効に活用できる
レッスン数 26レッスン
学習総所要時間目安 4時間
料金(内定者一人あたり) 6,000円(税別)

カリキュラム一覧

No. レッスンタイトル 内容
1章 PowerPoint2010の基本
1_1 PowerPoint2010の概要 PowerPoint2010について
1_2 PowerPoint2010の画面構成 PowerPoint2010の画面構成、Backstageビュー、プレゼンテーションの新規作成、プレゼンテーションの保存
1_3 スライドショーの操作 スライドショーの操作方法、ペン機能、現在のスライドから実行
2章 企画書の基本
2_1 企画書の前提 目的の明確化、聞き手の分析、訴求ポイント
2_2 話の組み立て データの収集方法、論理構築方法、ストーリー展開、SmartArt(縦方向リスト)、アウトラインからテキストの読み込み
2_3 リハーサルと配付資料 リハーサル機能、配付資料の作成、ノート、ブロードキャストスライドショー
3章 企画書の作成
3_1 テーマの設定 テーマ、テーマの保存
3_2 スライドマスターの設定 スライドマスター、ヘッダーとフッター、画像の挿入
3_3 表紙とタイトル タイトルとサブタイトルの入力、クリップアートの挿入、画像の編集(背景の削除)
3_4 目次 段落番号、字下げ
3_5 課題 行頭記号、スクリーンショット、図形のスタイル、影
3_6 提案の骨子 SmartArt(縦方向リスト)、SmartArtのスタイル変更
3_7 問題点と現状分析1 Excelからのグラフ挿入、データの編集、吹き出しの描画(角丸四角形)
3_8 問題点と現状分析2 スライドのレイアウト変更、書式のコピー/貼り付け、グラフの作成(積み上げ縦棒グラフ)、縦軸の書式設定、目盛線の非表示、区分線の表示、グラフ(集合横棒)、凡例・グラフタイトルの非表示、横軸・目盛線の非表示、角丸四角形の挿入
3_9 ターゲット層分析1 グラフの作成(円グラフ)、グラフのスタイル変更、データラベルの表示、点線の描画、弧の描画、線の太さ
3_10 ターゲット層分析2 グラフの種類の変更、軸の調整(系列の重なり)、グラフの並べ替え(昇順)
3_11 新商品の提案 SmartArt(集中)、要素の追加、SmartArtの色/スタイル変更
3_12 マーケットへの展開1 SmartArtの挿入(縦方向ボックス(リスト))、SmartArtのスタイル変更、SmartArtオブジェクトの左右入れ替え
3_13 マーケットへの展開2 表の挿入、表のスタイル変更、セルの移動、列の追加、行の削除
3_14 関係者・開発体制 SmartArtの挿入(横方向階層)、SmartArtの色/スタイル変更
3_15 今後の売上予測 グラフの作成(マーカー付き折れ線グラフ)、横軸・目盛線の非表示、縦軸の書式設定(最小値/目盛間隔)、グラフタイトルの位置、グラフ(集合縦棒)、横軸の調整、省略線の描画
3_16 まとめ 書式の連続コピー/貼り付け、配置(左右中央揃え)
4章 スライドTIPS集
4_1 表での表現 表の特徴、見出し行や縞模様(行)の表現、表内での強調表現
4_2 グラフでの表現方法 グラフの特徴、スライドの再利用、グラフの種類(棒グラフ/折れ線グラフ/円グラフ/散布図/レーダーチャート)、グラフ内の強調
4_3 図解での表現方法 図解の種類と特徴(相互関係/順序/循環/階層/位置関係)、グラフ(3-D効果付きバブル)、軸の追加、強調範囲の作成
4_4 アニメーションでの表現 アニメーションの設定(スライドイン)、アニメーション効果の設定変更、スライドショーの実行、アニメーションの設定(スプリット)、アニメーションの設定(ホイール)

閉じる