Access2003講座|内定者フォロー・研修には内定者SNSパック

お電話でのお問い合わせ 受付時間:9:00~18:00(平日)

東京:03-6400-0507 大阪:06-6190-6276 FAX:03-6400-0506

Access2003講座

Access2003を基礎からMOS資格取得に足るレベルまで 学習できる講座です。

Microsoft Access(アクセス)2003は、大量の情報を取り扱うソフトとして企業内で最もよく利用されるソフトの一つです。
この講座では、Microsoft Accessを学ぶ上で重要な「データベース」という抽象的な概念を視覚的に分かりやすく解説しており、本格的なデータベースソフト、Microsoft Access2003の基本的な操作方法から応用まで詳しく解説しています。
★日本初のMOS公式認定eラーニング講座です。

→個人でご利用のお客様はこちらをご覧ください。

お問い合わせ    体験サンプルを見る

対象者 ★こんな方におすすめ
Access2003を使えるようになりたい方
MicrosoftOfficeSpecialist Access2003スペシャリスト資格を取りたい方
(受講前提条件)
Windowsの基本操作ができる
Excelの知識がある
学習目標 住所録の作成
顧客管理データベースの作成
商品・在庫管理データベースの作成
MicrosoftOfficeSpecialist Access2003スペシャリスト資格取得に足るスキル習得
ダウンロード
テキスト
なし
動作環境 OS:WindowsXP / WindowsVista / Windows7
画面解像度:1024×768以上
ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 6 / 7 / 8
プラグイン:Adobe Flash Player 8以上
レッスン数 34レッスン 標準学習時間 8時間
配信期間 6ヶ月 税抜価格 受け放題の対象講座

カリキュラム

No. レッスンタイトル 内容
0_1 講座の進め方 講座の進め方を講師からご説明します。ここの講座内だけのルールなどもございますので必ずご覧下さい。
1_1 データベースとは データベースについて、具体例を交えてわかり易くご説明します。リレーショナルデータベースなど基本的なことをおさえていきましょう。
1_2 Accessの構造 テーブルやクエリ、フォーム、レポート、マクロといったAccessを構成する要素について学習しましょう。
2_1 データベースの作成 データベースを作成するにはいくつかの方法があります。基本的な方法とウィザードを利用した方法について学習していきましょう。
2_2 テーブルの作成と変更 テーブルのウィザードを利用したテーブルの作成方法や、Accessにおけるテーブルが果たす役割などについてご説明します。
2_3 レコードの入力、編集、および削除 実際にテーブルにデータを入力していきます。日付やYes/No型への入力方法など、忘れがちな操作もしっかり学びましょう。
2_4 テーブルプロパティの変更 テーブルプロパティの変更と主キーについての内容です。主キーはなかなか理解が難しい項目ですが、とても重要な内容なのでしっかり学習しましょう。
2_5 フィールドプロパティの変更 フィールドプロパティを活用することによりデータの入力の効率を更にあげることができます。定型入力も同様ですので身に付けましょう。
2_6 データのインポート データを一つ一つ入力するのではなく、既に存在するエクセルなどのファイルをインポートして利用することがAccessでは可能です。
2_7 レコードの並べ替え 既に入力されているデータの並び順をテーブル内で変更することができます。データ分析の際にも役立ちます。
2_8 レコードの検索とレコード間での移動 レコードセレクタについてご説明します。一つのレコードごとに切り取りや貼り付けをする際に役立つことが特徴です。
3_1 フォームの作成1 データを格納する場所をテーブルとするならば、フォームはデータを使用するためのインターフェースです。構造や作成方法を確認下さい。
3_2 フォームの作成2 フォームの作成方法にもいくつか種類があります。オートフォームとフォームウィザードを学習しましょう。
3_3 フォームレイアウトの変更 フォームのレイアウト(見え方)は調整することができます。フォーム上にあるコントロールの配置場所の修正や、コントロール同士の間隔の調整について学習しましょう。
3_4 コントロールとプロパティの変更1 コントロール自体のサイズ変更について、また頻繁に使用するプロパティについて学習しましょう。
3_5 コントロールとプロパティの変更2 コントロールのほかに、ラベルのフォントサイズを変更することができます。また、テキストボックスの境界線の色を変更してみます。
3_6 コントロールと追加とヘッダー・フッターの表示・非表示 タイトルなどを表示させる際にはヘッダーやフッターを使用します。また、ツールボックスはコントロールを追加する際に使用されます。
4_1 選択クエリの作成と変更 クエリとは何かという基礎部分から、選択クエリウィザードを使用してデータを抽出する方法までをご説明します。
4_2 その他クエリの作成と変更 更新クエリ、クロス集計クエリ、不一致クエリ、重複クエリの作成や編集方法を学習できます。
5_1 一対多リレーションシップの作成と変更 Accessを使用する上で重要になるリレーションシップを解説します。この概念や種類、作成と変更について確認してください。
5_2 フィールドのデータ型の定義と作成 フィールドのデータ型の変更方法と、データを選択する際に一覧から選択できるルックアップフィールドの作成方法をご説明します。
6_1 レポートの作成 レポートは印刷を目的とするAccessの要素です。概要と作成方法についてみていきましょう。
6_2 レポートレイアウトとページ設定の変更 レポートでのコントロールの配置、サイズ変更、間隔の変更の操作について覚えましょう。フォームとほぼ同じ方法です。
6_3 レポートコントロールのプロパティの追加と変更 レポートに演算コントロールの追加し、使用することで、データに演算処理を行うことができるようになります。
6_4 レポートレイアウトとページ設定の変更 印刷時に必要になる余白の編集や、用紙の向きについて学習しましょう。
6_5 データベースオブジェクトとデータの印刷 印刷できるのは、レポートだけではなく、その他のデータベースオブジェクトでも可能です。
7_1 レコードの並べ替え クエリやフォーム、レポート内のレコードはテーブルに入力されている順番に並んでいます。並べ替えについてみてみましょう。
7_2 演算フィールドと集計関数の作成と変更 クエリによる演算フィールドの追加方法をご説明します。集計関数の使用方法も身に付けましょう。
7_3 データシートの書式設定 テーブルの表示書式は変更することが可能です。フォントやその他の書式など外観変更を行うことで、効果的な表示をさせることができます。
7_4 レコードのフィルタ処理 フォームフィルタや選択フィルタを利用したデータシートの処理を学習しましょう。
8_1 オブジェクトとオブジェクトデータを他のビューで表示 印刷プレビュー・データシートビュー・レイアウトプレビューなど様々なビューと、Webページの使用方法についてご説明します。
8_2 オブジェクトとオブジェクトデータを他のビューで表示2 ピボットテーブルとピボットグラフについて学習しましょう。ピボットテーブルはデータを分析する際に必要で、その結果をグラフ化したものがピボットグラフです。
8_3 データベースオブジェクトの依存関係 Accessではデータベースオブジェクト間の依存関係に関する情報を参照することが可能です。
8_4 データのエクスポート データを加工する際に別のファイル形式にデータをエクスポートすることがあります。その方法をご説明します。
8_5 データベースのメンテナンス データベースの最適化や修復機能の使用方法、バックアップの方法についてご説明します。
引用元:eラーニングのプロシーズ

お問い合わせ